読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな植木 ~small plant~

我が家の植木たちは今、こんな様子です。

実生のマツ 無事越冬

昨年の春生まれのマツ。厳しき冬の寒さを乗り越えて、何とか春を迎えました。

マツ

種蒔きとか発芽とかいった時期は、成長ぶりを楽しんだのですが、その後は変化に乏しく、撮る機会も少なくなっていました。

はたしてのこの小さい植木鉢の中で越冬できるのか、と心配していましたが、暖かくなってきて、緑色が濃くなりました。なかなかの元気ぶり。他の鉢で、残念な様子が見られたりもしていますが、おおむね越冬できています。この後は、盆栽的お手入れが必要になるのでしょうが、どうしたものか。

モミジの新芽

3月に入り、朝晩はまだ寒いですが、日中の日差しはすっかり春。先日、先のほうが少し赤くなってきていたモミジ。もう、あっという間に新しい葉が頭を見せています。

モミジ

すごく勢いがあって、生命力に満ちているように感じます。昨年、種から生まれたモミジ。二年目の春です。

やっぱり生きてた長寿梅

ちょうど一年前の3月。盆栽の一日体験教室で、長寿梅を一鉢仕立てました。年に二度くらい花が咲く、と聞いていたので楽しみにしていたのですが、開花しないまま夏を超し、隣に3株植えたタマリュウのほうが長寿梅を侵食しそうな勢いでしたので、少しだけ大きな鉢に植え替えをして、年を越しました。間、葉はすっかり落ち、枝もあまり元気がないので、これは植え替えに失敗したか、と思っていたのですが、葉が出てまいりました。ほっ。

長寿梅

この春も、花は見られないかもしれませんが、大事にしたいと思います。

下は、モミジ。落葉後は、つまようじのような状態でしたが、先のほうが赤くなってきて、どうやら葉が出てくる気配があります。春ですねえ。

モミジ

small-plant.hatenablog.jp

名称不明「ギザギ~ザ」成長中

名称不明「ギザギ~ザ」は、寒さにも負けず無事成長しています。

名称不明「ギザギ~ザ」

以前の写真は以下の二枚。

2016年8月26日
名称不明「ギザギ~ザ」2016-8-26

2016年11月19日
名称不明「ギザギ~ザ」2016-11-19

いまだに名前は判明しないのですが、他の植木が寒さで休眠しているものが多いのにもかかわらず、なかなか元気。暖かくなったら、植え替えを予定しています。

グリーンネックレスの花

名は体を表すのお手本とも言えそうな「グリーンネックレス」。葉がころころと丸くて、植木鉢から垂らすとどんどん先にのびていきます。この寒い時期に、グリーンネックレスの花が開花しました。しかも、室内に置いているものではなく、屋外の鉢のほうで。

グリーンネックレスの花

1センチほどの丸い白い花ですが、これが、1ミリに満たない小さい花の塊なのです。しかも、雌しべだか雄しべだか、先のほうのくるりんとしたものは一体…。肉眼ではよくわからず、撮ってやっとその形を確認できました。

グリーンネックレスの花

すごく精巧な作りで、笑えちゃうくらいなのですが、この小ささでは、ねえ。せっかくここまで作りこむなら、もう少しわかりやすい大きさだったらよかったのに。

コダカラベンケイソウ(子宝弁慶草)の子供たち-3

昨年3月にうちの子になったコダカラベンケイソウ。現在は以下のような状態です。

コダカラベンケイソウ

親のほうは、葉が大きくなり、さらに子供が多すぎるのか、寒さがこたえているのか、少し元気がなく葉が下がってきてしまっています。左側の子供のほうは、あまり変化がなく、成長は「休み」の状態です。初登場の手前のものは、屋外に置いておいたもの。さすがに寒さも厳しくなってきたので今日からは屋内です。しかし、同じ親から生まれた子供でも、葉の様子などずいぶんと違うものですね。

コダカラベンケイソウ

下の写真は、日中暖房している室内のもの。下に過去の記事も貼っておきます。冬の間は成長を休み、寒さを乗り越えて次の季節を待つのですね。何とか、乗り越えてくれますように。

コダカラベンケイソウ

small-plant.hatenablog.jp

small-plant.hatenablog.jp