読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな植木 ~small plant~

我が家の植木たちは今、こんな様子です。

ナンテンなどを植え替え

落葉して冬の間は爪楊枝みたいだった小さい植木たちは、春になるとちゃんと葉が出て、そろそろ落ち着いてきた様子です。下は、ナンテン。ウチの一番小さい植木鉢でかわいらしい葉がきれいな緑色です。

ナンテン

植木鉢が小さい分、根が詰まってしまうので、毎年植え替えが必要だとのこと。以下は5月に植え替えです。

ナンテン、ツゲ、ボケ

ナンテンとボケとツゲ。昨年植木鉢に植えたときには、みどりみどりした苔をはっておいたのですが、苔の方は元気なしです。しかし、植木鉢が小さいと、水遣りの時に土が流れてしまうので、苔(またはミズゴケ)は必須。苔を上手に育てないと、見栄えが今ひとつですね。

マツとカエデも葉が元気に茂っていて、きっと根が詰まってきているだろうと思うのですが、こちらは3月か9月が適期ということで、この夏を何とかのりこえてもらわないと。

small-plant.hatenablog.jp

モミジ 一年生と二年生

モミジは、去年に続いて今年も種まきをしました。順調に発芽し、今はこんな感じ。細長いものが双葉です。

モミジ1年生

種をまいたままで、植え替えをしていないので、込み合ったところがありますねえ。

下の写真は去年のもので、小さい植木鉢に植え替えなかったぶんです。冬の間はすっかり落葉して、小さい棒が並んでいる状態でしたが、春になってどんどん葉が出てきて、その様子を楽しみました。

モミジ2年生

この植木鉢の中ではあんまり大きくしたくないので、伸びすぎた新芽は少し摘んでいます。花たちはもちろん季節を強く感じさせてくれますが、モミジも季節を感じさせてくれますね。一年生と二年生。元気に育ってくれますように。

カリンの実生

昨年の秋にカリンの種を蒔きました。カリンの実生は初めてでしたので、どうなるか心配していましたが、4月初めに無事発芽。葉の数が増えてきましたので、今日は鉢上げをしました。

カリン

葉はコナラに比べたら、かなり小さめです。右の鉢は、お猪口。底に穴を開けました。

ドングリの実生 コナラ1年生

昨年ドングリの実生にチャレンジし、めでたく発芽。小さな植木鉢の中で元気に成長しています。しかし、樹種がわからない状態でしたので、ことしは「コナラ」とわかっているドングリに挑戦。ずいぶんと幅の広い大きめの葉に成長しています。

2017年4月29日のコナラ

2017年4月18日のコナラ ↓
2017年4月18日のコナラ

2016年11月15日のコナラ ↓
2016年11月15日のコナラ

昨年のドングリ(マテバシイと推測)は、秋にミズゴケの中に入れておいても変化がないままに春になり、暖かくなってヒゲが出てきてから植えたのですが、コナラの方は11月にはすでにヒゲが出てきたので、春まで待たずに土に植えて、そのまま冬を越しました。発芽は4月。種類によるものか、あるいは、昨年のミズゴケに入れた際の環境によるものか。判断はつきません。

small-plant.hatenablog.jp

ヤツデ おとなびてまいりました

昨年の9月、種をまいた記憶もないのに発芽したヤツデは、小さな植木鉢の中でだいぶおとなびてまいりました。本葉も2枚、自己主張しております。

ヤツデ

大きくしたいならば、この辺で大きな植木鉢に植え替えをするところですが、すでに大鉢のヤツデがありますので、こちらは小さい状態で育てたいと思います。葉の大きさがこれくらいでとどまってくれるとよいのですが。

モミジがぐんぐんと

気温が高くなったら、いよいよもってもモミジの葉は勢いがつきどんどん出てきています。朝と夕方でも随分と違っているくらいです。

モミジ

小さいものは頭に葉が出てきているようですが、少し大きくなってきてから落葉したものは、枝の途中から葉が出てきました。

モミジ

小さい植木鉢に植え替えしなかった分は、こんなにモクモクした感じです。生命力みたいなものを強く感じる春の日。

モミジ